忍者ブログ
パラレルしか書いてません。口調・呼称が怪しいのは書き手の理解力不足です。ディランディが右。お相手はいろいろ(の予定)
 カレンダー 
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
 カテゴリー 
 カウンター 
 アクセス解析 
[7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
 [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

刹那はライルを部屋に招いて、紅茶をいれていた。
刹那の良き友人であり、理解者でもあるマリナ・イスマイールに教わった方法で、
カップとポットを温め、茶葉を蒸らして、温かいたっぷりのミルクと一緒にカップに注ぐ。
それをライルはきょとんとしたように眺めていた。

「珍しいのか?」

問えば、ライルは頷く。刹那はそれさえも不思議で仕様がなかった。
己より長い年月を生きているはずの彼は、案外知らないことが多かった。
彼についてもわかっていることは少ない。たとえば、魚介類が食べられないことと、
小食で、普段も海藻ばっかり食べているということ。(女性社員からは細すぎると、ぐちぐち言われていた)
声が出せないということ、甘いものが好きだということくらいだ。
しかも、その甘いもの、つまりはケーキやチョコレートといったものも最初は知らなかったのだ。
刹那や隣人のグラハムの友人で、ライルの部屋の本来の持ち主であるカタギリが
菓子や、なんやらを買い与えて、それらについてほぼ丸一日かけて教えたこともあった。
そんなことがあってか、ライルはたまにケーキを買うのに刹那を連れ出したり、グラハムを連れ出したり
することもあった。

「これは、紅茶だ」
『こうちゃ?』
「あぁ」

刹那はライルの口がそう動くのを見て頷いた。刹那が、ライルを任されているのは、単に家が隣で
懐かれているからということだけではなく、読唇術に長けているからだった。
話そうという意思からか、口をパクパクと動かす癖があり、医者は、おそらく昔は話せたのではないかと
(会社である定期健診の際に)言っていた。ちなみにその時も何を言ってもライルはきょとんとするので
説明役に刹那が呼ばれたのだった。

「紅茶は、イギリスでよく飲まれているそうだが、最近ではアイルランドが抜いたらしい」
『そうなんだ』
「お前の生まれ故郷だろう、何故知らない」
『なんでって言われてもなー…過保護なのがいたんだよ』

紅茶も飲ませない過保護といったものは一体どんな人物なのか気になるところだが、
刹那はあえてそれを無視し、ライルの前に紅茶と、ザッハトルテを置いた。
刹那がケーキ屋常連なのは、実はそのケーキ屋のオーナー兼パティシエが無理やり試食係に任命しているからで、
正直なところ甘いものが大好きというわけでもなかったので、今日ライルが暇だったのは刹那にとって喜ばしいことだった。
ちなみにこのザッハトルテはオーナーが気まぐれで杏ジャムではなくラズベリージャムを塗ったものだった。

『刹那は食べないのか?』
「俺はもう食べた。残りは持って帰っていい」
『ありがとう』
「いや…」

ライルは嬉々としてケーキを口に運び、とろけそうな笑みで小さな幸せを噛みしめている。
まるで幼い子供のような仕草にやはりいつもと同じことを思って刹那は緩く首を振った。
自分とグラハムは違う。自分はあんな変人じゃないと言い聞かせるように唸ったところで、
ライルがじっとこっちを見ていることに気づく。

「どうした」
『なんで、首振ってるんだろうと思ってな』
「特に意味はない」
『そうか?』
「あぁ」

口にスプーンをくわえてじっとこっちを見たままのライルに刹那はなんだかいけないことをしている
気分になって(それは、何も知らない幼子を自分好みに仕立てるいわゆる光源氏計画のような気分で)
もう一度グラハムのことが頭に浮かび、そういえば昔あれに男色家だーと意味もなくカミングアウトされたのを
思い出して、眼の前の青年が少し心配にもなってきた。結局あれは酔った勢いで、しかも正確には男色家
ではなくただのバイだったが。

「付いている」
『ん?どこ?』

話しを変えようと刹那はライルの頬についているチョコレートを指摘した。
ライルは指で拭うが、生憎と付いているのは反対の方向だ。

「そっちじゃない、右だ」
『あぁ、サンキュ』

拭ったチョコレートの付いた指を舐めるライルにどうにも路線変更できなかった刹那はがっくりとうなだれた。

PR

Template by ららららいふ / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」

忍者ブログ [PR]