忍者ブログ
パラレルしか書いてません。口調・呼称が怪しいのは書き手の理解力不足です。ディランディが右。お相手はいろいろ(の予定)
 カレンダー 
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
 カテゴリー 
 カウンター 
 アクセス解析 
[24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19
 [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


嵐が去った翌日、ニールとライルは部屋に戻って、ベッドの中にいた。
何だかんだ言って、ベッドを使用して睡眠をとるのは初めてだったため、(常に浴槽の中で寝ていた)
使い方が分からず、フリーズしていたら刹那やグラハムもフリーズして、カタギリが雪山みたいだね
とのほほんと告げた。

「ふかふかしてるんだな」
「浴槽よりはね」

ライルが、ぐーっと伸びをしながら言う。実を言うと子供の姿からいまだ戻れていないので、
今日は出社していなかった。カタギリが朝それを確認してから刹那と一緒に出社していったので、
多分文句は言われないだろう。

「昼になったらグラハムが遊びに来るって言ってたな」
「そういえば、言ってたね。なんか用意する?」
「前食べたやつがいい」
「何時だよ」

パジャマから着替え始めたニールがライルにそう話をふって、ライルが思わず突っ込んだ。
もうここで暮らし始めて何だかんだで半年は経っているのだから、食事をした回数は相当だから
ごもっともともいえることなのだが。

「白っぽい奴、シチューだっけ?」
「あぁ、うんそうシチュー」

冬の間はよく食事に出していたとライルは合点がいったらしく、材料あったかなと
冷蔵庫の中身をチェックするためにとてとてと歩いて行く。

「ライル、待って」
「ん、まだ慣れない?」
「流石に昨日の今日じゃな」
「だよな」

まだ歩くというか、「足」に慣れていないニールはライルに手をひかれながら、リビングへと向かう。
ニールがリビングを見たのはここに来た日以来なので、なんだか自分が住んでいる家という
感覚ではなかった。ライルはほとんどを浴室でニールと過ごしていたとはいえ、キッチンに行くには
リビングを通るしかないので、そうでもないらしい。少しの差が、やっぱり寂しいなとニールは思う。
人はこうして自立していくのだとそう自覚せずには居られなかった。依存してはいたいけれど。

「にんじんと、じゃがいもだろ…あとは玉ねぎは買い置きがあったし…ホワイトシチューならベーコンでもいいけど…」
「ライル?」
「兄さんが食べたいのって、アイリッシュシチューとホワイトシチューのどっち?」
「どう違うんだ?」
「材料と味付けかな?真っ白いのがいいんだったらホワイトだけど…」

ライルはぽいぽいとニールの座っているスツールの前のテーブルに材料を並べていく。
ニールは元のままの状態を見るのは初めてなので物珍しげにじゃがいもをつついていた。

「そういえば、グラハムマッシュポテトとかいうのが好きとか言ってなかったか?」
「んー?じゃぁ、アイリッシュの方にしようか、そっちの方が芋多いし」

流石にシンクには届かなかったのか、ライルは椅子のに座って、材料を切り始めた。
とんとんと規則正しい音と細かくなっていく材料を眺めながら、ニールは俺も覚えようかなと小さく呟いた。
ライルには十分聞こえる音量だったので、ライルは一旦手を止めて、ニールを隣に呼ぶと、
皮むき機をニールに手渡した。

「これでにんじんの皮剥いて?」
「どうやるんだ?」
「こう、野菜に刃を当てて引くんだ。手の皮一緒に剥かないでよ?」
「剥いたのか…」
「…うん、結構痛かった…」

ライルは切った材料を洗いつつ、ニールの手元を見る。昔からニールはこういったことは器用なので、
すぐにコツをつかんだらしく、にんじんの皮むきはあっさり終了した。そのにんじんを受け取って
細かく刻むとライルはニールに鍋を火にかけてと渡す。やはりこれも使い方を教えれば、ニールは
あっさりやってのける。ライルは自分が出社してる間も、こうして少しずつ覚えてくれていれば、
一人で残しても大丈夫かななんて考えて、でもそれだと少しさびしいなと思った。

「あとは、煮るだけ、タイマーセットしとくからお茶にしよ」
「わかった。ライルは凄いな、こんなこと毎日やってたのか」
「そうだけど、兄さんもすぐできるようになるって、カタギリが教えてくれるはずだし」
「ライルは?」
「俺、そんなにレシピ多くないから、今度一緒に本屋に買いに行こう?」

一緒に作ろうとライルはニールに笑いかけ、冷蔵庫で冷やしてあった麦茶を注いで、ソファーに座った。

PR

Template by ららららいふ / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」

忍者ブログ [PR]