忍者ブログ
パラレルしか書いてません。口調・呼称が怪しいのは書き手の理解力不足です。ディランディが右。お相手はいろいろ(の予定)
 カレンダー 
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
 カテゴリー 
 カウンター 
 アクセス解析 
[24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14
 [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「どうかしたのか?」

刹那はエレベーターホールの前で右往左往する隣人に訪ねた。隣人は刹那が帰ってきたことに
ホッとして、奥の部屋の方を指差した。

「ディランディさんのお宅から喧嘩する声が聞こえるのよ」
「喧嘩?ライルがか?」
「大きい声はひとつなの、でも他の声もするから…」

隣人は、これ以上続くようなら警察に連絡しようと考えているらしい。
暴漢ならそれでもいいが、聞こえてくる内容はどうも叱っている親と叱られている子供のようにしか
聞こえない。しかも、怒られているのはライルのようで…

「怒っている人物の声はライルより若いな」

いつの間にか背後にはグラハムが立っていて、なれなれしくも刹那の肩に手を置いていた。
刹那はそれをいつものように払いのける。

「いつからいた」
「先ほどだ。ご婦人、ここはこのグラハム・エーカーに任せていただきたい」
「(…不安だ)」

隣人が不安を覚え、刹那を見ると刹那は頷いて、グラハムの肩をつかんだ。

「俺も行く」
「少年、喧嘩には慣れているか?」
「俺がガンダムだ」
「それは頼もしい」

一瞬安心しかけた隣人であったが、また一瞬にして不安になってしまった。

***

「仕方ありません、穏便にすめばいいと思っていたんですが…」
『な、何する気だよ』

ため息を吐くティエリアにライルは一歩後ろに下がる。完全に傍観を決め込んでいるリジェネは、
カタギリ用に置いてあったドーナツを口にして顔をしかめていた。口に合わなかったらしい。

「力づくでも連れ帰ります」
『なんで、ほっといてくれないんだ、俺たちはこのままでいい』
「僕は貴方達の教育担当だ。ほっておけるはずがない」

そう言いつつティエリアはライルを浴槽に突き飛ばす。下にいたニールがぐえっとつぶれた蛙のような
うめき声を上げたが、眉を片方あげたくらいでさほど気にはしていないようだった。

「ティエリア、誰か来たみたいだよ」
「“警察”とやらか、…早めに終わらせる」
『それは!』

ティエリアが懐から取り出したのは何の変哲もないガラス瓶だった。見た目は香水瓶のようにも
見えるが、中に入っているのは透き通った緑色の何か光るものだった。

「それはライルの…」
「えぇ、ちゃんと交渉して手に入れましたから、心配は無用です」
『やめ、ティエリア!』

ライルが浴槽から飛び出して、ティエリアの手の中のものを奪おうとするのと、グラハム、刹那が浴室に
飛び込んでくるのはほぼ同時で、ティエリアは舌打ちしつつも、奪われる前にその瓶を壁のタイルに
叩きつけた。ガラスは砕けたが、四散せずに中身と溶け合ってライルを取り囲み、ライルが厭々と
首を振るも、それは薄く空いた唇から吸い込まれて消えた。

「なんだ…今の光は…」
「刹那…?…うぁ…」
「ライル!?」

ぐっと苦しそうに身をよじったライルはティエリアにしがみつきながらもその体制を保とうとするが、
ずるりと、崩れ落ちる。視線の先にいる刹那とグラハムの驚いた顔にライルは悲しくなって、
あふれる涙をこらえることができなくなった。ぽろぽろこぼれる涙は真珠の粒になってコロコロと
転がっていく。そんなライルをニールが引き寄せてよしよしと頭をなでた。ライルはニールにしがみついて
さらにぼろぼろと泣く。

「ティ、ティエリアのばかぁ…」
「馬鹿でも結構。さぁ帰りますよ、リジェネはニールを」
「わかったよ」

リジェネも懐から、もうひとつ小瓶を出すと、それを割ろうとするが、いきなり手をつかまれ手の中のものを奪われた。

「お前たちはライルに何をした」
「何を…って見てわかんいかな?家出少年…いや中年?を自宅に連れ帰ろうとしてるところさ」
「家出?ライル、君は家出をしてきたのかね?」

そう普通に聞かれて、ライルはきょとんと首をかしげた。グラハムはグラハムで何故ライルが首を傾げるのか
わからないらしくこちらもきょとんとする。一応察したらしいニールがライルの代わりにグラハムに聞いた。

「気持ち悪く…ないのか?」
「気持ち悪い?姫たちの何が気持ち悪いというのだ、美しいではないか」
「や、カタギリが人間は自分とは違う生き物を気持ち悪いって感じるって言っててさ」
「む、カタギリは姫の正体を知っていたということか!」

カタギリめと呟くグラハムにライルはびっくりしすぎて涙が止まってしまっていた。
そんな中、リジェネから瓶を奪った刹那がライルの元まで来てしゃがみこんだ。

「刹那は…気持ち悪くないか…俺、こんなんで…ホントは人間じゃなくて…」
「いや、驚いたが気持ち悪くはない」
「本当か?」
「あぁ」

刹那がほほ笑んでそれにホッとしたのか、ライルはまたボロボロと泣き出してしまった。
それにおろおろする刹那を見てニールはほほ笑み、グラハムはそんなニールの髪をなで、ティエリアとリジェネを見た。
二人は(主にティエリアが)くしゃりと髪をかきまわし、苦々しいといった表情をする。

「グラハム、刹那君勝手に入ってきちゃ…って、あれ?なんか人口密度高い…」

静かになった浴室にカタギリの気の抜けた声が響いた。

PR

Template by ららららいふ / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」

忍者ブログ [PR]