忍者ブログ
パラレルしか書いてません。口調・呼称が怪しいのは書き手の理解力不足です。ディランディが右。お相手はいろいろ(の予定)
 カレンダー 
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
 カテゴリー 
 カウンター 
 アクセス解析 
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
 [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ニールはライルと一緒に最上階の水槽にいた。ライルは刹那が事故にあってからもう3日程会社を休んでいる。
普通はクビだが、ライルのいる会社は実はカタギリが支配人(兼支社長)を努めている会社で、
ライルの雇用に関してはすべてカタギリに一任されているから、カタギリに連絡さえすればどうにかなるらしい。
まぁ、それはカタギリがスメラギから二人のことを頼まれていて、なおかつそれが惚れた弱みの人物からの
頼みなのだからそうそう断れないのだろう。実際のところ、ライルの雇用は契約社員で正社員ではない。

「ライル」
『なに、兄さん』
「お見まいとか行かなくていいのか?」
『…大丈夫だよ、あ、俺ノド乾いたから飲み物取ってくるな』

ぱたぱたと走っていくライルの後ろ姿を見ながら、ニールはぶくぶくと顔の半分までを水につけた。
刹那が事故にあって以来ライルは少し大人しいというか、元気がない。
腕の傷はとっくに治ったから、もう包帯は巻いていなかったが、ニールが刹那の話をすると
とたんに痛そうな顔をする。でも、きっとそのことを聞く自分の顔もライルと同じような表情になっているんだろうな
と思いながら、水槽の縁に上半身を預けて、この間初めて聞いたラブソングを歌う。

「随分な歌唱力だな、ライル・ディランディ」
「なっ、誰だ」

歌い始めて数分後パンパンと手をたたく音が聞こえ、ニールははっと顔をあげた。
見上げると、金髪のいかにも王子様といった風情でグラハムが立っていた。
ニールも外見的特徴は知っていたが、なかなか名前と結び付かない。

「おや、私を覚えていないとは。ふむ、君はライルじゃないのかね?」
「…俺はニール、ライルの双子の兄貴だよ」
「先日から歌っていたのは君だったのか」

ニコニコと笑いながらグラハムは手を差し出す。うっかりつかんで引き上げられたらたまったものじゃないので、
ニールはその手は取らずに笑い掛けるだけにとどめた。

「あぁ、そうだよ」
「いや、実に素晴らしかった。どうだい、今度食事でもしようじゃないか」
「遠慮しとくよ、知り合いに、出会ったその日のうちに次の約束を取り付ける奴にはついて行くなって言われてんだ」
「それは残念だ。私は君に心奪われたというのに」

こっぱずかしいセリフを臆面もなく、つらつらと述べる隣人にニールの笑みも思わずひきつる。
ライルはこんなのを相手にしているのかと。個人的にはまだ、もう一人の隣人の方が付き合いやすそうだ。

『兄さん!』
「ライル」

グラハムがいるのを見てライルの顔は真っ青になっていた。
そのまま水槽の方に走ってきて、ニールめがけて飛び込む。ばしゃんと大きな水しぶきが上がった。
あふれた水がグラハムの白いスラックスの裾を濡らす。

「どうした」
『兄さんは俺の』
「はいはい」

ぎゅうぎゅうと抱きついてくるとことを見ていると、嫉妬半分ばれたのではという焦りが半分で、
それでもぷぅと頬を膨らます弟は可愛かったらしい、ニールはライルを抱きしめかえす。

「ライル可愛いー、お兄ちゃんはライル大好きだぞー」
『俺も、兄さんのこと愛してるよ』

二人はきゃっきゃしながら軽いキスを繰り返した。グラハムがいるにもかかわらず、
いちゃいちゃしだしたディランディ兄弟にグラハム自身は少し面白くなかったらしい。
突然スーツの上着を脱いで、勢いよく水槽に飛び込んできた。

「うわ、何もあんたまで入ってくるこたねぇだろ」
「私は我慢弱い男だ。君たちのそのような姿を見せつけられて我慢できようか、いやできまい」
「自己完結すんな」
「私はグラハム・エーカー!見ての通りの男色家だ!」

どこをどう見て男色家だと判断しろととニールは思わず心の中で突っ込み、なんだかこっちに近寄ってくる
グラハムから遠ざかるようにひれをそっと動かした。
それ着気付いたライルが体に巻いていたシーツでニールを包むと、仕方なくグラハムの方に泳いでいく。

『グラハムさん』
「さんづけはいらないと言っている」

ライルの言葉は聞こえていないはずなのにグラハムは返事を返した。
ニールは疑問に思ってそれを口に出す。

「あんた、ライルの言ってることわかるのか?」
「勿論だ、私は音楽業界に長いこといる。口の動きでわかるとも」
「そうか…」

納得はいったので、とりあえずシーツにくるまったまま、ライルの後ろまで泳いで行った。
要は下半身が見えなければいいのだ。だから、ライルがいつも持ち込むこのシーツはとても役に立った。

『俺たちがキスしてたのが羨ましかったのか?』
「まぁ、そういったところだ」
『そう、…兄さんしてもいいかな?』

ライルは後ろを振り向きつつ言った。ニールは仕方ないといったようにライルの頭をなでる。

「刹那にはよくて、グラハムには駄目っていうのは…な」

苦笑いしながら、ニールはグラハムとライルを水槽の縁にまで押しやって、ついっと、グラハムの顎を
引き寄せた。

「ほれ、俺からもサービスだ」

軽いリップ音とともにグラハムとニールの唇が重なる。

「は、破廉恥だぞ、姫!」
「破廉恥だぁ?あんたのカミングアウトの方がよっぽど破廉恥だと俺は思うがね」
『っていうか、兄さん姫って呼ばれてるけどいいの…』

体勢上グラハムと限りなくくっついているライルは呆れつつ、ちゃんとグラハムの首の後ろに
腕をまわして、口づけた。ライルはニール同様軽くのつもりだったのだが、グラハムがしつこく
離さなかったため、ライルの息は上がっている。

「だ、大丈夫か?」
『平気、兄さんもっかいしよ』
「うぇ、あ、わかった」

また、乳繰り合い出した兄弟に、グラハムは今度こそ諦めたのか、水槽から上がる。
上質の白のスラックスは見事クリーニング行きとなっていた。

「姫君たち、邪魔をしたな」
「あ、いや」

結局姫を訂正できないままディランディ兄弟はグラハムと別れ、グラハムは扉の前に凄い形相をして立っていたカタギリにこってりと絞られた。

「それじゃぁ、僕はここで」

ライルはマンションの前まで送ってくれたカタギリに手を振りつつ、エレベータへと向かった。
正直言うと病院にいるときは生きた心地がしなかったとライルはため息を吐く。
人魚の細胞と人間の細胞が違うことくらいは知っていた。
今の世の中、人魚伝説が信じられていないということは、カタギリから聞いていたが、
それでも人は人と違うものを排除する生き物だからと忠告された。
だから、嘘をついて入院だけは避けたのだ。流石に薬は出されたが、これくらいなら
数日かからずに後かたもなく治るだろう。人魚は人間とは違うから。

『ばれたら、刹那も俺のこと嫌いになるのかな…』

鍵穴に鍵をさし、回す。ドアを引けば、いつものように兄の歌声が聞こえてきた。
最近は少し抑えて歌っているのか、その分ライルが帰ってきても歌っている。
ライルは一旦部屋で着替えてから、ダイニングに向かい、ラップでぐるぐると包帯の上を巻いた。
病人と言えばお見舞い品だろうと途中まで乗り合わせていたグラハムに渡された
ケーキを持って兄のもとに向かう。(グラハムはまだこれから仕事があるらしい)

『兄さん…』
「ん、おかえりライル…って、その腕どうした」
『怪我した』
「おいおい、大丈夫か?」
『平気、俺よりも刹那の方が重傷だったし』

しゅんとしたままのライルをニールは手招きし、大人しくやってきたところで捕まえて頭をなでる。
しばらくなでていると、ライルの眼からぽろぽろと涙がこぼれてきていた。

「ライル」
『俺、刹那に我儘言いすぎだよな…』
「なんで、そう思うんだ?」
『いつも気をつかわせてる。俺が魚食べられないから、なるべく眼の前で食べないようにしてるみたいだし…』
「お隣さん魚好きだって言ってたもんな…」

ニールはライルをなでながら、もしかしたらライルは隣の住人に恋しているのかななんて考えてしまう。
いつまでも一人占めをしておきたいこの双子の弟は、陸に上がるために自分以上の苦行を強いられているはずだ。
本来、ニールよりも歌を歌うのが好きだったのはライルで、でも、二人で逃げるためにライルは声を失った。
本気で逃げたかったのなら別に声を失うのはニールでもよかったのに、ライルは一人で決めて、
いつの間にかスメラギのところに薬をもらいに行っていた。

「お前さんはホントにお隣さんが好きなんだなぁ」
『…でも、俺は兄さん以上に好きになれる人なんていないよ』
「そうか」

恋心に気づいていないのか、本気でそうなのか今のライルの状況ではニールには区別がつかない。
もしライルが、おった傷のせいで隣人のことを気にしていこんな状態になっているならこんな傷など
ない方がいい。ニールは強く唇を噛んで傷をつけるとそのままライルに口づけた。

「ん…」
『にいさん…』
「らいる」

お互いに頭を引き寄せてむさぼるように口づけあった。最初はニールの方が優勢だったが、
最終的に息が上がっていたのもニールの方で、いつの間にかキスの上手くなっていたライルに
ニールは少しさびしいと思ってしまった。

『兄さん、俺ちょっと会社休んでもいいかな…』
「ん?なんでだ?」
『さびしいから、兄さんといたい。ずっと兄さんとこうしていたいよ…』

ニールはライルのそれが自己嫌悪から来るものだと気付いたが、それを指摘することはしなかった。
くったりと自分の上で眠ってしまったライルの髪をなでながら、ニールはカタギリに電話をかけるのであった。

刹那がはっきりと意識を覚醒させた時にはライルの姿は見当たらなかった。
最初に視界に入ったのは白い天井で、次に見たのは心配そうにこちらを覗き込む
医師と看護婦だった。

「ここは…」
「あの現場近くの病院です」
「…連れは、どうなりましたか?」

ライルのことを刹那が聞くと看護婦がほほ笑んで、今呼んできますねと席を立った。
どうやら無事のようだ、と刹那はホッと息を吐く。

「…本当に奇跡のようですよ」
「……?」
「あの現場で、事故に巻き込まれて重体者の中から意識が戻ったのは貴方だけなんです」

若い医師はよほど悔しいのかふにゃりと顔を崩して自嘲した。
事故に巻き込まれた他の重体者はいまだ意識が戻らず、戻ったとしても後遺症が残るだろう、
と医師は言う。現場のほぼ中央にいた刹那は絶望的だろうといわれていたらしい。
だが、誰よりも助からないとされていた者が目覚め、病院内は少し混乱が収まったそうだ。

「セイエイさん」

入り口で名前を呼ばれ、刹那が其方に顔を向ければ、眼を真っ赤に腫らしたライルが立っていた。

「ライル」

刹那が名を呼べば、刹那と口が動いて、ライルが勢いよく飛び着いてきた。

「っ」
「ディランディさん、セイエイさんはまだ安静にしてないといけないんですよ」

仕方ないとでも言うように看護婦が苦笑する。ライルはその言葉にハッとして、刹那から離れた。
恥ずかしかったらしく、顔は真っ赤になっていて、はにかんでいるように見え、
刹那は血圧が上がりそうだと思った。力が抜けて、ぼふりとベッドに沈むとライルが眼に見えて
おろおろし出す。そんなライルを医者が諫めて、ようやく落ち着いたらしい彼に声をかけた。

「お前は大丈夫だったか?」

すごい勢いで首を縦にふるライルに、医師も看護婦ほほえましいと思ったのか、くすくすと
笑いをこらえている。

『刹那は痛いのもうないか?』
「あぁ、おそらく後は検査をすれば退院できる」
『よかった…』

ホッと息を吐くライルが、腕を動かすたびに少し表情がひきつっているのを見て、刹那は
ライルの左腕を見ると、白い肌よりもさらに白い包帯がぐるぐると巻かれている。

「それは、どうした」
『や、流石にまったくの無傷ってわけじゃなかったからな…』
「そうか、痛むか?」
『全然』

ライルがそういったとき一瞬医師が険しい顔をしたのを刹那は見逃さなかった。
だが、ここで追求してもライルがこの部屋にいる限り医師はそれを話さないだろう。

『さっきカタギリからメールが来てあと少ししたら迎えに来るって言われた』
「そうか、気をつけて帰れ」
『うん』

ライルが返事をしたのとカタギリが部屋に入ってくるのはほぼ同時で、ライルはカタギリに
つれられるまま刹那の病室を後にした。刹那はそれを見送って、説明をするために残ったであろう
医師の方を向き直る。看護婦はすでに退室していた。

「ライルの腕は?」
「重傷とまではいきませんが、軽傷でもないですね、10センチぐらい骨が見えるまで抉れていましたから」
「退院しても平気なのか」
「正直なところ帰さずに経過を見た方がいいんですが、別にかかりつけがあるから、と」

医師はかかりつけがあるならば其方の方がいいだろうと判断したらしい。
刹那は微妙に納得がいかなかったが、襲ってくる睡魔には勝てず、ゆっくりと眼を閉じた。

そういえば、ライルが喋ったように思えたと意識が落ちる寸前刹那は口に出さず呟いた。

もうもうと上がる砂煙。ライルは一瞬何が起こったのか分からなかった。
ただ、何処かで聞こえる人の叫び声と、誰かが痛みにうめく声。
眼の前にいたはずの刹那が見当たらないことにライルはハッとした。

『刹那…どこ、だ?』

足を一歩踏み出せはぴちゃりと言う音がして、思わず下を見る。

『赤い…これは、血?』

生き物の身体をめぐっているもの。流れ出てしまえば、死につながるもの。
ライルは視線だけでその出所を探す。まだ砂煙はおさまっていなくて、人々はパニックを起こしたままだ。

『刹那…!』

その血の持ち主が、刹那であることに気づいてライルはへたり込んだ。
酷い出血で、さらに刹那の上に何かが乗っている。
周りにもばらばらと落ちているそれは鉄骨で、他にも数人似たような状態になっている人間はいた。
ぴりっとした痛みを感じライルが腕を持ち当て見れば、ライル自身の左腕の肉もくっついてはいたが、酷くえぐれていた。

『いやだ、刹那』
「う…」
『死んじゃだめだ!』

ライルは刹那の近くに寄って鉄骨をずらして刹那を引きずり出す。
ライルのシャツを刹那の血が赤く染めていった。

『死んでほしくない…』

ライルは刹那をギュッと抱き寄せて眼をつぶった。
人魚姫が陸に上がって本当はどうなったか知っているのは、王族でも少数だった。
なぜなら、そうなったのは伝承にある「一人目の人魚姫」だけで、他に足を貰った者はそんなことにはならなかったからだ。
人魚姫は王子に食べられたのだ。人魚の肉は不老不死の妙薬で、人魚だとばれた彼女はその日の夕食になった。
その王子にとって人魚姫はそれだけの価値しかなかったのだが、人魚たちは彼女は丘で結ばれたのだと思いこんでいる。
食べられたのを知ったのはその姫の姉で、彼女はそのことを胸の内にしまいこんだ。以来それは彼女の家系にのみ伝えられる。
そのあと王子は死んだから、本当は不老不死の妙薬ではなかったのかもしれないが、それでも、人魚の肉は傷を癒すのだ。

『スメラギ!少しでいいんだ、俺を元に戻してくれ!』

ライルは叫んだ。それと同時に近くのマンホールのふたが突然飛んで、水があふれる。
周辺一帯はあっという間に水浸しになった。

「刹那、これ、食べて」

ライルは元々えぐれていた部分をかみちぎり、口で軽く咀嚼して刹那の口に押し当てた。
なかなか飲み込まない刹那に痺れを切らして、ライルは刹那に深く口づけて肉片を喉の奥に押しこむ。
ごくりと喉が動いて、刹那の口の中から、肉片がなくなったのを確認したライルはホッと息を吐いた。
幸い、マンホールから間欠泉のように噴き出す水しぶきが、ライルの姿を隠していて、人魚の姿は見られていないようだ。
(みられていたのならそれなりの騒ぎになっているだろうから)

「ライ…ル?」
「せつな、よかった」

うっすらと意識の戻った刹那を抱きしめたまま、ライルの視界はブラックアウトした。
遠くにサイレンの音を聞きながら。

Template by ららららいふ / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」

忍者ブログ [PR]