忍者ブログ
パラレルしか書いてません。口調・呼称が怪しいのは書き手の理解力不足です。ディランディが右。お相手はいろいろ(の予定)
 カレンダー 
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
 カテゴリー 
 カウンター 
 アクセス解析 
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
 [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小春日和の今日は外回りに行くには絶好の天気だった。
正直にいえば、外回りに行くよりも、ピクニックでもした方がよっぽどいいようなそんな天気だ。
まぁ、そうも言っていられないのが社会人というものだが、とそこまで考え刹那は足をとめた。
いつの間にか後ろにいるはずのライルの気配がない。振り返れば、数メートル離れた場所で
物珍しそうにタンポポの花を見ていた。

「それも知らないのか?」
『タンポポだろ?カタギリがダンデライオンのハーブティーくれたから知ってる』
「……」

彼の言い分ではカタギリがそのハーブティーをくれるまでは知らなかったということになるが、
もういちいち気にしていられないほどライルは知らないことの方が多かった。
海産物に関してはありえないぐらい詳しいのだが、それ以外に関してはさっぱりだったりもする。
しかも、知っているものと知っていないものの分類もよくわからない。テーブルは知っているのに
椅子は知らないだとか、まるで部分的に記憶喪失になっているように刹那には思えた。

「なら今日の昼はオーガニックレストランにでも行くか」
『有機野菜のレストランだよな?』
「あぁ、今ならランチ料金だろうからな」

本来ならそういった類の店はグラハムの方が詳しいのだが、(彼は接待だの打ち合わせだので
そういったところを利用することが多いようだったので)高校生時代に同じクラスだった社長令嬢の
親が経営しているレストランの一店舗にそういった店があるのを思い出したのだった。
本来なら要予約だろうが、いつでも来いと言っていたので余り気にしないことにした。
ライルは相変わらず魚介類は口にしないし、肉もあんまり好んでいないようだが、最近は海藻のほかに
野菜をよく食べているので、(普通に考えれば実に不健康なのだが)そのレストランならば気に入るだろう
と思ったのだった。半分は先日の詫びも入っているのだが。

「確か、野菜のデザートがあるらしい」
『野菜でスウィーツなんて作れるのか?』
「作れる」

首をかしげる29歳に周りの人間は一瞬我を忘れたように見入ってしまい、刹那にいたっては
今ここでキスしたい衝動にかられながらも、なんとか我慢してライルの手を引いた。
ライルはすっかりこの辺のオフィス街のアイドル状態だった。

『(刹那、俺に合わせようとしてくれてる…)』

ライルは刹那の背中を見詰めつつ歩く。自分より年下の先輩。信頼できる人。
彼やカタギリ、グラハムがいなければ、自分はこの街にはなじめなかったとライルは
緩くつながれた手を強く握り返した。

『(刹那は…ほんとは、魚好きって言ってた…)』

会社の同僚は刹那は魚の入った少し変わったシチューが好きなのだと言っていた。
(実際それは中東の料理なのだが、その同僚はそこまで詳しくなかった)
でも、ライルはどうしても魚を食べモノだと認識できない。だから食生活は自然と偏る。
陸にしかないものは食べられるがそれでも肉はあまり得意じゃなかった。

『俺は刹那に無理させてるのかな…』

前を向いたままの刹那はライルの口がそう動くのに気付かない。
強い風が吹いた。誰かが危ないと叫ぶ。ライルはその声につい立ち止まって、声の主を見た。
立ち止まるライルに合わせて刹那も立ち止まる。それはライルの目にはまるで
スローモーションのようにうつった。

PR

グラハムは上の階から聞こえてくる歌声で目を覚ました。
上の階と言えばカタギリが格安でかりている亜熱帯植物のたくさん植えてある温室だ。
(なんで、格安かというと、管理人が管理しきれないものをカタギリが管理しているからだった)
一度だけ入ったときに奥にプールというか、水槽のようなものがあったのを覚えている。
何を飼うのかと問えば、笑ってごまかされ、それっきりだったと思う。

「誰が歌っているのだろうな…」

まるで子守唄のようだと思いつつグラハムは非常階段を使って上に上がる。
普段は空いていないはずなのだが、今日はライルの部屋にカタギリが来ていたらしく、
非常階段は使えるようになっていた。

「不用心な。しかし好都合だ」

ぶつぶつと独り言を言いつつ温室の扉をあける。今はちょうどどの花もつぼみの状態で、
春先でまだ寒い外と比べると温かいと感じる程度だった。
夏だったら暑さでまいっていただろうが。

「…はかわいいなー」

くすくすと歌声の主が笑う。どうやら奥の方にいるらしい。グラハムは足音をたてないように
そっと奥の水槽の方へ近づく。ぱちゃぱちゃと水のはねる音から泳いでいるらしい
と推測したグラハムはギリギリまで近づくと、そっと木の陰からそこを覗き込んだ。
水槽のヘリに座り足をつけて遊んでいたのはライルだった。
グラハムは他に人影を探すが、見当たらない。もしライルの正面にいるのだとしたら、
ライルの陰になって見えないのもうなずけるが。

「家のバスタブよりひろくていいよな」

声はそう告げる。グラハムは気づかないうちに一歩踏み出していた。
ガサという音に気付いたのか、ライルが振り返る。

『グラハムさん?』

そういう風に口が動いて、ライルは立ち上がってグラハムの方まで歩いてきた。
ラフなTシャツにハーフパンツで、水にぬれているらしく、服も髪もしっかりぬれていた。

「先ほどまで、一緒に誰かといなかったかね?」
『俺一人ですよ?』
「ふむ」

グラハムはライルの肩越しに水槽を見るも、誰かがいる気配はない。

「ここには君ひとりで?」

ライルは頷いた。グラハムはうーむと唸って、ライルを見る。ライルは訳が分からないといったように
首をかしげた。

「ということは先ほどまで歌っていたのは君ということになるが…」

そういうグラハムにライルは少し表情をゆがめた。それにあわてたグラハムはわたわたと弁解する。

「いや、失礼した。君を疑っているわけではないのだ」
『そうか?』
「私は音楽業界に身を置くものとしてどうしても気になってしまったのだよ」
『歌が?』
「そうだとも」

グラハムの慌てっぷりが可笑しかったのかライルはくすくすと声を上げずに笑った。
意図的に声を出さないでいるというわけではないらしいと、ライルの喉の動きを見てグラハムは思う。
空気の振動はあり、喉も正常に働いている。なのに音が聞こえないという状況で、
本当は喋れるのだとしたら少しくらい母音の音が口から洩れてもおかしくはないのだ。
ということはライルは嘘をついてはいないのだとグラハムは改めて思った。
では、先ほどの歌はだれが歌っていたのだろうかと疑問が沸き起こる。
そこに関してはライルが嘘をついていないとは限らないからだ。本当は誰かと一緒にいる、
という可能性が捨てきれない。

「グラハム、こんなところにいたのか」
「おぉ、カタギリか。一週間ぶりだな」
「そうだね、で、なんでここにいるのかな?」
「うむ。歌声が聞こえたのでな、上がってきてみればライルがいたのだよ」

グラハムの言葉にカタギリが眉をしかめた。

「仕事熱心なのもいいけど、勝手に入っちゃだめだっていつも言ってるじゃないか」
「失敬」
『や、カタギリ俺怒ってないよ…』
「いやいや、グラハムのは不法侵入って言って立派に犯罪のひとつだから君が気にすることじゃないよ」
「私は我慢弱くてね、つい興味のあるものは追いかけまわしたくなるのだよ」

まったくと言って反省の見られないグラハムの首根っこを捕まえてカタギリはそのままずるずる
引きずって、ライルの前から遠ざかる。パタンとドアのしまる音とざばっと大きな水音がしたのは
ほぼ同時だった。

「はー危なかったぜ」
『そうだね。まさか下まで兄さんの歌が聞こえてるなんて』
「だなー、もしかしたら風呂場で歌ってるのも聞かれてるかもな」
『ふふ、兄さんは歌うまいからね。沈没させた船は数知れず?』
「言うなよー、お前だって加担してるくせに」
『そうでした』

ライルは笑いながら水槽に身を沈める。ニールはライルの手を取って、歌いながら泳ぎ出した。
声は出ないがライルも同じように喉をふるわせる。反省していないのはこちらの兄弟も同様であった。
 

ライル達の部屋を後にしたカタギリは、刹那の部屋のドアチャイムを鳴らした。
ライル曰く、刹那の部屋に遊びに行ったのは午前中から正午にかけての時間帯だったので、
出かけていなければ部屋にいるはずだった。
しかし、きっと出てこられても気まずいんだろうな、とカタギリはため息を吐く。
他人の情事に関して口を突っ込むことは高校生や大学生の猥談とはかなり違う。

「…何か用か」
「あーうん。ライル君のことでちょっと」

ライルの名前を出すと刹那は少しだけ表情を崩した。

「あげてもらってもいい?」
「あぁ、構わない」

刹那はカタギリを部屋に通すと、いつものように戸にチェーンを掛けた。
カタギリは通されたリビングにどことなく青臭いにおいを感じて少しだけ眉をしかめる。
初体験がベットの上じゃないなんてライルは可哀想かもしれない。
たとえ、されたときに行為の意味を知らなくても。

「そこに座ってくれ」
「ありがとう」

向かい合って座ってしばらく、カタギリは口を開かなかった。気まずい空気が部屋を支配して、
先にしびれを切らしたのは刹那の方だった。

「話しは」
「…落ち着いて聞いてくれるとうれしいんだけど」
「落ち着けないことなのか」

人によっては、とカタギリは言い、刹那は少し息をのんだ。

「ライル君ね、性交渉の意味知らないんだ」
「……は?」
「や、だからね、君とした行為が性交渉だって知らなかったんだよ」

刹那は頭が真っ白になってしまった。確かに知らないのではないかというのは、考えたが、
それはライル自身の行動によって刹那の頭の中からは排除されていた。
だから、ことに及んだというのに、眼の前のある意味ライルの保護者である男はそう言いながら
ひきつった苦笑いを浮かべている。

「知らなかった…?」
「そう、僕もついさっきそのこと知ってかなり驚いてしまってね」

刹那はということは、自分は結局光源氏計画を遂行しかけてしまったということだろうかと、うつむいた。
というか、三十路前にもなって性交渉の存在を知らないなんてホントにどこの箱入りだと思う。
普通は小学校の高学年の時に一度、そして中学校・高校と性について学ぶ授業があるはずで、
まったく触れないということはないはずだが、それすらも知らないらしいと聞いた瞬間呆れを通り越して、
何やらうすら寒いものを感じた。
しかし、刹那はふと思い出す。先に仕掛けてきたのはライルの方だった。

「本当に知らなかったのか?」
「そうみたいだけど…何か気になることでもあったのかい?」
「…先にフェラをしてきたのはあいつだ」

その言葉に次に頭が真っ白になるのはカタギリの方だった。一瞬動きが止まって、しかし次の行動は
早かった。ポケットから携帯端末を取り出すと、電話をかける。

「んーどうしたカタギリ」

刹那の知らない声が携帯から響く。何処か反響するような場所でしゃべっているらしく、
携帯から聞こえる声は何処か二重になって聞こえてくる。水の音もするし、
家でなく、プールのような場所のようだった。実際そこはこのマンションの最上階の一角にある
一般人立ち入り禁止のプールだった。屋内ガーデンの奥に位置しているため、知っている人間も少ない。
そもそも、鍵もカタギリしか持っていないのだが。

「ライル君いるかい?」
「いるけど、ライルに用か?」
「そうだね、ライル君に聞いてほしいんだけど、刹那君にフェラチオしたって本当かい?」

臆面もなく携帯で刹那の知らない人間にそんなことを告げるカタギリに刹那はぎょっとしたが、口には出さない。

「フェラチオが何なのかわかんないってさ、俺も知らねぇけど」
「…ほんと、君たち兄弟は箱入りだね…」
「そぉかぁ?」

どうやらカタギリの話し相手はライルの言っていた「兄」だろうと刹那は推測した。
けらけらと笑う電話の向こうの人物はどんな人間なのだろうと思いつつ、電話口でフェラチオの意味を
一生懸命教えるカタギリがなんだか滑稽でなおかつ不憫だった。
ライルの兄ならライルよりも年上だろうから確実に三十路のはずなのにと冷めたお茶をすする。

「はー…クジョウくんの入れ知恵なんだね。っていうことは」
「そうだ…な、俺もスメラギにそう教わってたし…」

兄弟そろってなにやら誤った知識を植えつけられていたらしい。紅茶の存在すら知らせない過保護に
誤った知識を与える人間。おそらく性教育に関しては紅茶の件の人物がかかわっていそうだと、
刹那は思いつつ、周りの人間に恵まれなかったのかと、ため息をついた。
カタギリが電話を切ると刹那の方に向き直る。

「聞いててわかっただろうけど…」
「あぁ、俺も悪かった」

刹那は自制できなかった自分が十分悪いということは自覚していたから素直に告げた。
それを見つつカタギリは苦笑する。

「ライル君から伝言なんだけど、できれば嫌わないで欲しいって」
「それは、こちらのセリフだ」
「本人に後で伝えてあげてくれるかな」

すごく落ち込んでたからとカタギリは言う。刹那はうなづいて、もう一口紅茶をすすった。
そこで、カタギリが思い出したように告げる。

「もしかしたらライル君から聞いてるかも知れないんだけど、さっきの人はライル君の双子のお兄さん」
「双子…似ているのか?」
「一卵性みたいだからね、そっくりだよ」

カタギリのその言葉に、もしライルが話せるのなら声はさっきのようなものなんだろうなと心のうちで思った。
 

カタギリが家を訪ねてきたのは、電話があってから一時間後のことで、
ニールは腹にライルを乗せたまま、カタギリを迎えた。

「相変わらず仲がいいね」
「まぁ、それだけが取り柄っていうか、俺たち兄弟の美徳だからな」

そういうニールに苦笑しつつカタギリは次の瞬間眼を見開いた。

「ライル君…そのあとは誰に…」

ライルはいつものように上は何も着ていなかったから、カタギリは余計混乱した。
カタギリが思いを寄せる海の魔女は人魚は、特に王族に名を連ねる者たちは、
基本人間でいうところのプラトニックに近いのだと聞いていたからだ。
なぜなら、彼らには性教育は施されず、一生かごの鳥のように過ごすのだからと聞いている。
伝承にならって足をもらった人魚は大抵そういった接触なく、穏やかに一生を終えるのだとも。
王族のうちで子を生すのは、「王」の役目で、「王」にならない限りそれらが知らされることはなく、
それを知っている王族以外の人魚たちは頑なにそのことを王族に語ろうとはしない。

「んー?なんか、お隣さんにつけられたんだと」
「グラハムにかい?」
「反対の方のだよ」
「……他に何かされなかったかい?」

なんだか目が笑っていないカタギリに、ライルは首をかしげつつも刹那にされたことをそのまま話した。
(正確にいえば話しているのはニールだ。何故ならば、ニールにだけはライルの「言葉」が聞こえるからだった)
カタギリは真っ赤になったり真っ青になったりと忙しく、よくわかっていないニールもライルも
なんで、そんなに百面相しているんだろうと疑問に思いつつ様子を見守っていた。

「腰、痛くないかい?」
「少し…か?」
「はー…もっと早くに教えておくべきだったよ」

ため息をつきつつカタギリは持ってきたプロジェクターを設置してリモコンのスイッチを入れた。

「念のために持ってきてよかった」
「なんだそれ」
「中高生用性教育の教材。人間用のね」
「性…」

ニールがつぶやくと、カタギリは再生ボタンを押す。聞こえてくる単語にいちいち質問してくる
双子に意味を教えながらなんとか見終わったころには二人とも真っ赤になってのぼせていた。
耐性がないのも考え物だ。ということは、これよりえげつないともいえるAVなんかをみせたりしたら
もっと大変なことになってしまうだろう。まぁ、先に彼らに見せるべきはゲイもののAVかもしれないが。

「ら、ライルぅ」
『兄さん、俺…』
「あとで、お隣さんに理由説明しような…」
『…うん』

すっかり、半べそ状態の二人に、隣人の説明は僕からするよとカタギリが申し出て、
(というか、この状態のライルが行ってもまた食われるだけと判断したのだろうが)
ひとまず、双子の緊急保健体育の授業は幕を閉じた。

ザッハトルテを片手に浴室にやってきたライルを見てニールはぎょっとした。
体中に赤くなにかで刺されたようなあとが点々とあって、まるで機嫌の悪い時の
クラゲにちょっかい出した時みたいになっていたからだ。
しかし、それ以外何時もと大して変りはなく、ライルはニールにケーキを差し出して、
いつものようにジーンズのままバスタブに潜り込んでくる。
で、やはりいつものように首筋に頭をこすりつけてくるライルの頭髪からは
いつも使っているものとは違うシトラスの香りがした。

「ライル、お前そのあとどうした?」
『刹那がした』
「は?クラゲじゃなくてか?」
『クラゲなんていないよ兄さん』

きょとんとしつつ見上げてくる弟はいつもと何処か違う。正直に言うのであれば、
色気が増している、といったところだ。スメラギがよく色気のある格好をしていたが、
それとはまた違ったような色気だった。

「お隣さんに何された?」
『わかんね、なんかどろどろして、真っ白になった。思考が』
「ふーん。で、お隣さんはどうやってそんな跡つけたんだ?」
『えーっと』

ニールが聞くとライルはちゅうとニールの鎖骨の辺りに吸いついた。刹那がつけたものよりも
薄いが、それっぽいものはなんとなくついて、ライルはニールに鏡を見せた。

「人間ってへんだな」
『なー』

二人でそんなことを言い合っていると不意にバスタブ横に置いてある携帯端末から音がした。
二人は一瞬びっくりして背筋を伸ばすも、この場所にある端末に連絡をよこしてくるのは
カタギリしかいないので、ニールがそれを取って通話ボタンを押す。

「なんか用かー?」
「そんなところだよ。前に浴室で映画が見れるプロジェクターが欲しいっていってただろう?」
「あー、そんなことも言ってたな」

ちなみにそういったのはライルで、そんなことを言い出したのはグラハムとカタギリ、刹那とライルの
4人で町の探索もといライルを町になじませようというグラハムの言葉がきっかけで行った
映画館をライルがいたく気に入ったからだった。まぁ、最終的には兄さんと一緒に見たかったと
つぶやくライルにカタギリが苦笑いしながら提案したのが決定打となったのだが。

「とりあえずDVDはこちらでいろいろ揃えてみたから、今から行っても大丈夫かい?」
「あぁ、平気だぜ。ライルがお隣さんからケーキ貰ってるから一緒に食おう」
『でも、カタギリはドーナツの方がいいんじゃないか?買い置きあるけど』
「ドーナツも出せばいいだろ?」

それもそうか、とライルはうなづいて、一旦バスタブから上がる。カタギリ用のカップと、
ドーナツを取りに行かなければならないからだ。水の滴るジーンズを脱いで、洗濯機に放り込む。
ライルは腰にタオルを巻いて、ぺたぺたとリビングの方へ姿を消した。

「それじゃぁあとで」

そういって切れた端末をチェストの上に置いた。ちゃぷんと水の音がする。
久々に広い所で泳ぎたいなとバスタブの中でぐっと伸びをして、ライルの帰りを待った。

Template by ららららいふ / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」

忍者ブログ [PR]